入居4年目の道路遊び&井戸端会議の変化

つい最近気づいたんですが、どうやら我が家の近所の道路遊び&井戸端会議の様子が去年までとは少し変化してきているようです。

道路族メンバーの活動がピークを過ぎたのか?よく分かりませんが。

先月私がたまたま家に早く帰った日(2度)は我が家前で大騒ぎしていましたけどね・・・。

でも、以前のように毎日毎日大騒ぎはしなくなったようです。

気づいたきっかけは、主人が平日に有休で仕事を休んだ時でした。

主人が家にいる事だし、

「今日はもう時間潰しせずに家に帰ろう!」

と思い切って夕方5時過ぎに帰ったんです。

そしたら道路には誰もおらず。

「ああ、今から騒がしくなるのね・・・」

と思っていましたが、近所の子供2~3人がパラパラと出てきただけでした。

ボスママは庭に出ていましたが、その日は近所ママたちが誰も出て来ず、1人で庭いじりしていました。

「たまたまだろうな」

と思って、数日後にまた思い切って夕方5時過ぎに家に帰るとやっぱり道路には誰もいませんでした。

夕方5時半過ぎになると近所のママたちがボスママ宅に2人来ていて子供たちも連れてきていましたが、以前のように道路で井戸端しながら子供たちを野放しにする感じではありませんでした。

こんな事ここに住み始めて初めての事です。

去年までは毎日欠かさず我が家前で集団で大騒ぎしていたのに。(去年は特に育休で毎日家にいたのでよく覚えています)

我が家の2軒先の道路(①)や、我が家の隣の家と接している道路(②)でも大騒ぎしていたのに。

ちなみにボスママによると②の道路では遊び始めて早々に誰かから注意されたか苦情が入ったかしたらしく、遊んでいたのはごく短期間でした。

なので①の道路の方でしばらくはギャーギャー遊んでいた(井戸端していた)んですが、もしかしたらこっちでも何かあったのかもしれません。

この前のように大騒ぎしている日もあるのでまだ100%安心して家に帰る事は出来ないけれど、毎日毎日大騒ぎしていたのが治まってきたんだとしたらものすごく嬉しいです。

(まあ道路族にぬか喜びは禁物ですけどね(=_=)今まで何度も裏切られてきたので)

考えてみれば私がこの家に入居した当初はまだ小学校1年生だった道路族の男の子たちも今年から4年生になりました。

この前、道路族男子の1人が夕方習い事から家に帰って来る姿を見かけました。

小学校高学年にもなってきたら普通は毎日毎日道路で遊んでられませんよね・・・。

まあ道路族男子たちは相変わらず仲良く遊んではいますが、毎日毎日道路でギャーギャーって感じではなくなってきた気がします。

また、ボスママにいつもくっついていた側近ママがボスママと一緒に話す姿をほとんど見かけなくなりました。

仲が悪くなった訳ではないんですけどね。でもボスママと側近ママの子供って学年が違うし、今年からボス宅は全員小学生、側近ママの子供は幼稚園児だからますます接点なくなるよね。

このまま井戸端も絶滅すれば良いのに。(私は道路遊び以上に井戸端が大嫌いだから)

こんな当たり前の幸せ(家の周りが静か)を入居4年目にしてやっと少し感じる事ができました。

「道路遊びが落ち着いてきた?」

って思ってホッとして体の力が抜けた瞬間、

「私って今までの3年間、ずっと体に力が入ったまま過ごしていたんだなぁ」

と初めて気が付きました。

それだけ気を張り詰めて過ごすのが当たり前の毎日になっていました。

ただね、1つ気がかりなのは、我が家の近所の場合

第2世代の道路族予備軍

がいるんです。

まだ0歳~3歳の男の子たちが我が家を除いて4人いるんですよ。(女の子は2~3人)

この子たちが大きくなった時にまた我が家の前でどんちゃん騒ぎしなきゃいいけどってちょっと心配。

まあ先の事はどうなるか分からないから今はあまり深く考えないようにして、とりあえずは今の状況を「ぬか喜び」しておこうと思います。

井戸端オバサンはまだうろちょろしているけど以前のように毎日毎日集団で我が家前にたむろしてぺちゃくちゃおしゃべり、って感じではなくなってきたので全然マシです。

井戸端オバサンって近所の誰かと毎日何かしら話さないと気が済まないんでしょうね・・・。

たまにならまだしも、毎日毎日道路で井戸端する人って正直ビョーキだと思っています。

毎日我が家前に出張してきていた井戸端大好きなRさんは

「私は日々ストレスだから」

と言っていましたが、あんたのストレス解消のために我が家前にたむろされたらこっちはたまったもんじゃないんだよとツッコミたくなった事があります。

ちなみにさっき言った0~3歳の男の子たち4人の内の2人はRさん宅の子供です(=_=)(1歳と3歳)

もう頼むから我が家前に居座っておしゃべり&子供を道路で遊ばせるのだけはやめてくれ。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク