道路族に物を壊された時の相手の反応

道路族に我が家の物を壊される現場を

偶然至近距離で目撃し、

道路族親に言いに行った事でトラブルに

なったのは入居3年目の事でした。

今日は我が家の物を壊した時の

道路族ボス旦那とボスママの反応について

書こうと思います。

道路族は人んちのもの壊しても嘘つくか知らんぷり

道路族は人んちの前の道路を毎日占拠して遊びまくります。

ボール、フリスビーは平気で我が家の敷地内に放置。

スケボー(腰クネクネするやつ)も我が家の敷地にガーガーと入っても親は知らんぷり。

道路族たちはなぜか自分ちの敷地の周りではなく、

我が家の敷地の周り(境界ブロックの辺り)で

子供たちにスケボーさせます。

自分ちの周りもコーナーになっているんだから

そっちで遊べばいいのに、

わざわざ我が家の側で遊びます。

道路族親はそれが「当たり前」と思っているようです。

トラブル以降、多少は我が家の前を避けていますが、

それでも相変わらず道路遊びは意地でも止めたくないようです。

そんな神経の持ち主の道路族なので、

人んちのものを壊したって

正直に言ってきやしません。

我が家は道路族による被害が何度かありましたが

特にひどかったのは入居してまもなくの時と

入居して2年後の2回です。

1回目はコンクリート。

張ったばかりのコンクリートにボールが入り

跡がついてしまいました。

その跡はもう修復不可能で未だに傷が残ったままです。

コンクリートを削った時はさすがにまずいと思ったのか、

夜私が帰宅してから道路族ボスママが私に言いに来ました。

でも内容は明らかに嘘でした。

謝罪ではなく、

「(私たち道路族の)子供たちは遊んでいなかった(向こうの団地の子がやった)」

みたいな言い訳でした。

どう考えてもあんたらしか遊んでないだろーがよ。

今だったらそんなウソつかれたらすぐに気づくんですが

当時は引っ越してきたばかりでまだ近所の事を

よく把握していなかった私は

ボスママの発言に少し違和感を感じながらも

信じてしまい、「分かりました」と言って

その話はお終いになりました。

そして、2年後に我が家の物を壊された時は

今度は道路族ボス旦那でした。

ボス旦那が近所の子供たちと道路で

サッカーボールを蹴って遊んでいる時に

我が家の物を壊されました。

その時私とダンナはちょうど至近距離で

現場を見ていたんですが、

信じられない事にボス旦那は

そのまま知らんぷりで遊び続けました。

ダンナも「信じられない」といった顔をしていました。

「あれはないやろ」とダンナと話し合い、

とうとう直接言いに行きました。

(やんわりと穏便に)

でも「あ、そうだったんですか?(物が壊れたんですか)」

とシラを切られました。

でもそんなボス旦那の嘘も虚しく、

ボス旦那の息子が「オレ見たよ!」と一言。

ところがその直後にボス旦那の口から信じられない一言が。

「お前余計な事言うな!」

・・・・もう信じられない衝撃の一言でした。

人んちの物壊しても、

それを我が家に指摘されても、

子供が「見たよ」と言っても意地でもシラを切って

「なかったこと」にしたいっていう神経がもうね。

お前〇ねよ」と言いたくなりました。

「前から変な旦那とは思っていたけど本当に変な人だったね」

とその日の夜は普段ドライなダンナも熱くなって

道路族ボス旦那の文句を散々言っていました。

次の日、ボス旦那に玄関先で出会ったので

こっちが会釈するとボス旦那が睨みつけてきました。

「物壊されたぐらいで大事(おおごと)にしやがって」

とでも思っているのか完全に逆ギレ。

トラブル後の道路族たちの反応は様々でした。

睨みつけてくる人、

あからさまにシラケた表情を向けて来る人、

気まずそうに避ける人。

本当に色々な態度をとられました。

睨みつけたり避ける人は「その程度の人間なんだな」と思います。

当時はそんな道路族たちの態度を見る度に

「なんでこっちが睨まれたり避けたりされないといけないの?!」

とイライラして涙が出る事もありましたが、

そういう態度を繰り返されると

こちらもどんどん気持ちが冷めていって

「こんな人たちに心乱されて泣くのもバカらしいや」

ってなんか不思議と開き直れるようになりました。

「そっちが素っ気ない態度ならこっちも素っ気なくしときゃいいや」

とかなり気が楽になりました。

「近所から孤立する・・・お終いだ・・・」

な~んて思う必要なんて全くない。

そう思っているとその不安な気持ちが態度に出て

ますますなめられると思うし。

「近所には笑顔で挨拶」

って非常識な人間に対しては

する必要全くなし。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク