ウイルス性胃腸炎になった時の症状と対処方法体験談

娘は昨年12月の間に2回もウイルス性胃腸炎になってしまいました。

娘は毎年のように保育園からウイルス性胃腸炎をもらって来るのでその度に私も主人にも感染し、家族全滅してしまいます・・・。

一度感染すると次に感染しても症状は比較的軽く済むんですが、今年は新型ウイルス性胃腸炎が流行っていたらしく、新型のせいなのか娘も私も主人も症状がひどかったです。

ウイルス性胃腸炎になると激しい嘔吐や下痢になります。常に吐き気がして気持ち悪くて、吐いたと思ったら今度は水下痢が襲ってきて・・・。

症状がピークの時にはしばらくトイレから出られないし寝れません(T_T)

胃腸炎には大きく分けてウイルス性と細菌性のものがあるのですが、ほとんどがウイルス性胃腸炎です。

ウイルスはロタウイルス、ノロウイルスが主な原因です。

ウイルス性胃腸炎の症状

ウイルス性胃腸炎になると嘔吐、下痢、発熱、腹痛の症状が出ると言われていますが、我が家の場合もこの4つの症状がすべて出ました。

発熱は娘も私も最高で38度台でした。(主人は平熱が35度前半という超低体温なので37度くらいが最高でしたが)

症状が出てから2日くらいは症状がひどいです。3日目くらいになるとだいぶ落ち着いてはきますが、私の場合は1~2週間くらいの間食欲が戻らなくて3kgくらい痩せました・・・。

今までウイルス性胃腸炎にはほぼ毎年かかっていて今回で4回目くらいですが、一番最初にウイルス性胃腸炎になった時以降は下痢はそこまでひどくなかったです。

ただ今回は新型のせいか、久しぶりに下痢もひどくてもう水下痢・・・。

「ウイルス性胃腸炎には何回もかかってるからもう重症化する事はないな」と油断していました・・・。

下痢以上にひどいのが嘔吐です。

娘の場合は夜の8時頃から吐き始めて夜中も1時間おきくらいには吐いていたのでろくに眠れずに朝になりました。(朝になってようやく吐くのが治まってきました)

ですが子供は回復が早いので次の日にはもうケロッとしています。

でも元気になったからといって食べ物や飲み物をすぐにあげるのは厳禁です!

「元気になったから食べさせてもいいだろう」と思って普通に食べさせてしまうとまたしばらくして嘔吐が始まります。

特に小さい子(1~2歳くらい)の場合は食べさせるとドッシャー!と噴水のように嘔吐する可能性があります。(私の娘も2歳の時に車の中で噴水しました・・・。そのまま小児科へ直行しました)

ウイルス性胃腸炎の対処方法

小児科の先生に聞いたら「嘔吐が落ち着いたからといってすぐに飲み物や食べ物をあげるとまた吐いてしまうよ」と言われました。

「嘔吐すると脱水症状になるから水分補給しなきゃ」というのもダメなんだそうです。せめて吐いてから1~2時間は空けないと飲んではいけない(飲む時はごく少量から)と言われました。

私の場合、吐いたらすぐに水を飲んでいましたがこれが吐き続ける原因になったようです・・・。水分をとるだけでもまた吐き気が襲ってきて嘔吐してしまいます。

ちなみに嘔吐や下痢で水分だけでなく塩分も失われてしまうので、水分摂取は水ではなく薄めた味噌汁やスープ、経口液(薬局に売っている)などが良いそうです。

※市販のスポーツ飲料では塩分が不足するそうです。

よっぽど嘔吐がひどい場合は病院へ行って点滴してもらうようになります。

飲んでも吐かないようになったらやっと食べ物を少しずつ食べれるようになります。

最初はうどん、おかゆなどの消化の良いものから食べ始めます。

赤ちゃんの場合は母乳が飲めるなら母乳を与え、ミルクは薄める必要はなく普通に飲ませて良いそうです。ただし、量は少しずつ飲ませて下さいと言われました。

ウイルス性胃腸炎に薬は効かない

ウイルス性胃腸炎は薬でウイルスをやっつける事は出来ないので特効薬はありません。薬を飲むとしたら嘔吐や下痢止めはありますが、無理に薬で症状を止めてしまうとウイルスが体から出て行かないので基本的には飲みません。

小児科でも薬は処方されなかったので、対症療法(吐いても水を飲まない等)をして過ごすしかありませんでした。

発症して1~2日は本当に辛いですが、対処方法に気を付ければ3日目くらいにはだいぶ楽になると思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク