せめて自宅前の道路で遊ばせてほしいという願い

この前、夕方私の実家に行った時に実家の近所の家の子供2人とその父親がその人たちの自宅前でキャッチボールをしていました。

道路遊びで散々イタイ目にあった私は、たった3人が道路でキャッチボールをしている姿を見るだけでも無意識に胸がざわついてしまいます。

我が家の近所の道路遊びがもうトラウマになって心に染みついています・・・。

実家の近所の人は自分たちの家の前で遊んでいましたが、我が家の場合は近所の離れた場所に住んでいる人まで我が家の前まで出張しに来て遊んでいました。

新興住宅地に住む主婦(仮名:Aさん)の方で、道路族の親に逆ギレされ近所付き合いに困っているという相談をネットで見かけました。

その人が住んでいる場所も我が家と同じように袋小路の場所で、宅配便の車以外はあまり通らないとの事です。

近所の子供とその友達がAさん宅前で夕方毎日のようにボール遊びや縄跳びをしており、たまに植木にもボールがあたっていたそうです。

ある日、その子供たちの親も一緒にAさん宅の家の前で子供と一緒にAさん宅の車の前でボール遊びをしており、たまりかねて注意したらその子供の父親に「道路で遊んで何が悪い」「なんでうちだけ注意されるのか」と逆切れされたそうです。

その後、Aさんは近所から要注意人物扱いになったとの事。

我が家とまったく同じパターンです。

我が家も道路族旦那が我が家の物が壊れる瞬間を見ていたくせに知らんぷりしたので私が言いに行くと後日逆切れして睨まれたので。

自分たちの非は棚に上げて、まっとうな事を言ってきた人を悪者扱いするんです。

このAさんの話を読んで、「道路族ってどの地域でも結局みんな似たような性格なんだなぁ」と思いました。

「他人に迷惑をかけない」という最低限の事が出来ない無神経な人たちだから他人の家の前で道路遊びができるんだろうと思います。

「なぜ自分ちではなく他人の家の前なのか?」

「なぜ他人の家の前で大勢で大騒ぎしても平気なのか?悪いと思わないのか?」

相手の事を本当に思いやれる性格の人なら道路遊びはしないだろうし、していたとしても「ここで遊んだら迷惑になる」と気づいていずれ脱落していきます。

「せめて自分ちの前の道路で遊んでほしい」というAさんの切実な願い、私にも痛いほど分かります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク