悩みがなかったアパート時代と近所トラブルを経験した今

主人から一言。

「最近病んでないね」と・・・・。

ええ、つい1年前までは病んでいましたとも。

今だからちょっと冗談めかして言えるけれど、

近所トラブルのおかげで産後の自律神経失調症が悪化し

毎日動悸と息が止まって死にそうな感覚がひどく、

特に夜寝る時に酷くなるので毎日夜が来るのが

とても怖かったです。

私にとって近所、新興住宅地という場所は

とても窮屈な場所です。

建てる前はこの場所がこんなにも窮屈だなんて

想像もできませんでした。

新興住宅地って区画が綺麗なので

つい惹かれてしまいがちですが、

これから家を買う人で、騒がしい近所が嫌な人、

密な近所付き合いを望まない人は

新興住宅地は決して買うべき所ではないです。

新興住宅地は同世代が多く、子供も多いので

必然的に親たちと子供たちが知り合いになり、

そしてどんどん人数が増えて行って、

その内人の家の前で毎日大騒ぎしても、

人んちの物にボールなどがぶつかっても、

人んちの敷地内に入っても平気な

モンスター集団が出来上がります。

新興住宅地へ家を建てて入居した当時のこと

家を建てたのは私が30歳くらい、娘が2歳の時の事でした。

家を建てる前は2DKのアパートに住んでいました。

夢のマイホームに入居したものの、

マイホームを心から楽しめたのは

入居した日の夜のみという

あまりにも悲しい始まりでした。

入居した日の夜、

新しくて綺麗で広いマイホームが嬉しくて

娘と一緒に部屋中をキャッキャ言いながら

走り回ったのを覚えています。

その次の日から道路遊びに悩む日々が始まりました。

毎日毎日、雨の日以外は仕事が終わって

娘を保育園に迎えに行ってから

スーパーへ行ったり公園へ行ったりして

時間つぶしをして家へ帰る日々・・・。

「アパートに戻りたい・・・」

当時の私は泣きながら毎日のようにそう思っていました。

「どこかにアパートを借りてこの家から出ていきたい」

と本気で考えた事もあります。

アパート時代の近所付き合い

近所付き合い皆無のアパートは天国でした。

2DKは子持ち家庭が住むにはちょっと狭いので

私たち家族以外にファミリーは住んでおらず、

それはそれは静かで快適な所でした。

隣の部屋はずっと空室だったので

物音も気になりませんでした。

アパートの住人は何人かいましたが

会う事はほとんどありませんでした。

たまに駐車場で会う事はありましたが、

1階の住人は挨拶が苦手なようで

こちらが挨拶しても下を向いて

小声で挨拶してそそくさと去っていくような人でした。

「愛想がない人だな」とは思いましたが、

アパートなのでこれから何十年もずっと

付き合っていく人ではないため、

挨拶が素っ気なくても気になりませんでした。

そんな感じでアパート時代は

近所のストレスなんて皆無でした。

新興住宅地に夢のマイホームを建てるという事が

こんなにも精神的に窮屈になってしまう事だとは

思いませんでした。

スポンサーリンク

新興住宅地に家を建てたのは失敗だった?

この家に住み始めてからの3年間は

今まで生きてきた中でも特にストレスフルな

毎日だったように思います。

入居してなんだかんだでもう4年目になり、

近所の人たちの性格も大体おおまかに

分かってきました。

道路遊び&井戸端会議をする人、しない人。

挨拶をきちんとする人、しない人(無視する人)。

誠実な人、誠実じゃない人。

自分勝手な人、人を思いやれる人。

明るくて穏やかな人、陰湿な人。

みんな性格が違うのは当たり前。

でも「人に迷惑をかけない」

「人に不快な思いをさせない」という

当たり前の事が出来ない大人が

近所に住んでいるという事が嫌でたまらず、

許せませんでした。(今でもムカつくし)

入居当初はそんな人たちでも

「近所だから角を立てないように」

「子供(娘)のためにも仲良くしなきゃ」

という強迫観念にとりつかれて

必死に耐えていました。

新興住宅地という独特な土地柄もあり、

道路遊びや井戸端会議を見る度に

「私も上手くやっていかなきゃいけない」

と思い込んでいました。

でも道路族とのトラブル後、

失礼な態度をとってくる道路族を見ている内に

「なんで今まで近所だからという理由でこんな最低な人達と上手くやっていこうとしていたんだろう」

「なんでこんな人たちの事を怖いと思っていたんだろう」

と段々アホらしくなってきました。

そう思うようになってから

今までモヤモヤしていた気持ちが

嘘のようにフッと軽くなり、

かなり吹っ切れました。

今も一部の道路族とは気まずかったり仲が悪いし、

外で出くわすのは正直嫌ですが、

前みたいに激しく落ち込むことはなくなりました。

以前のように気持ちが迷って

あっちに行ったりこっちに行ったりする事が

少なくなりました。

「私は何も悪い事をしていないんだから落ち込む必要ないんだ。簡単に態度を変えるような人とは仲良くしない。無視してくる人に無理して挨拶しない。」

そうやって強く思えるようになりました。

アパート時代は確かに近所付き合いの悩みがなくて幸せでした。

でも近所トラブルを経験してどん底を味わい、

気持ちを少し立て直せた今では

「これも私の人生経験の1つだったんだ」

と思えるようになりました。

3年経った今だから思える事ですが・・・。

これからも近所の事で嫌な事はあると思います。

道路族たちは今でもたまに大騒ぎしているので

完全にはなくなっていません。

でも以前のように

「アパート時代に戻りたい・・・・」

と思い返すんじゃなくていい加減ちゃんと

前進していかなきゃと思っています。

娘も大きくなってきたことだし、息子も生まれたし。

これからバリバリ仕事もしないといけないし。

この家のローンもさっさと返さないと。

ここに家を建てたのは失敗だったとは

今でも思っているけど、

「しょうがないからもうここでなんとかやっていこう」

ってそんな気持ちの4年目です。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク