道路族ではない近所の子供たちの遊び方

我が家の近所には道路族ではないお宅もあります。

その中の1件のお宅(仮にCさんとします)は小学生の男の子が2人いるんですが、男の子たちは毎回公園で遊んでいます。

(道路族たちが引っ込んだ後によく遊んでいます。)

Cさん宅のお母さんは私と一緒で仕事をしていて、普段井戸端会議にも一切参加していません。(1度だけ話をした事がありますが、とても話しやすい方でした)

Cさん宅のお父さんがたまに公園で子供たちと一緒にサッカーをしています。

Cさん家族が公園で遊んでいる姿を見る度になぜかホッとする自分がいます。

「こうやってちゃんと公園で遊ぶ家族も近所にいるんだ」

「小学生の男の子って親の言う事を聞かずに道路で遊ぶものなの?って思っていたけど、そうじゃなかった」

そう実感します。

Cさん宅のお父さんは挨拶も感じが良いので私も安心して気持ち良い挨拶を交わすことができます。

ちなみにCさんの兄弟のお兄ちゃんの方は小2(今年から小3)で、道路族の男の子たちと学年は1学年しか変わりません。

年はほとんど変わらないのに、ちゃんと公園で遊ぶ子と片や道路遊びする子・・・。

「我が家の物を壊しても意地でも道路でボール遊びし続ける道路族たち(道路族ボス旦那と近所の子供たち)ってなんなんだろう・・・」

って思います。

今までは「うちの子も大きくなったら道路で遊ぶかもしれないし・・・」という不安があり、「道路族たちが道路遊びするのはしょうがないことなんだろうか・・・」と思う自分もいました。

「小学生の男の子って道路で遊んでしまうものなんだろうか・・・」ってずっと思っていました。

でもCさん宅の遊び方を見ていると

「男の子だから」

「小学生だから」

って関係ないんだとよく分かりました。

「(性別が)男の子だから道路で遊ぶ」

「(年が)小学生で大きいから道路で遊ぶ」

なんてことはないです。

要は「道路で遊ぶか遊ばないかは親の躾次第」なんだという事が良く分かりました。

私には0歳の息子がいますが、もし大きくなってもこのCさん家族のように公園で思いっきり楽しく遊ばせようと心に誓っています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク