夏休みの道路遊びについて

今日は日中は曇りだったんですが夕方から雨が降り始めたので仕事が終わって家に真っすぐ帰れました(^^♪

平日の道路遊びは衰退(?)してきましたが、土日は道路族旦那たちがいるので憂鬱でまだ家に帰る勇気を持てません。

去年は日曜日の雨上がりで道路がびしゃびしゃなのに道路族ボス旦那ともう1人の道路族旦那が近所の子7人くらい集めて道路で盛大にキャッチボールをしてたし(=_=)

雨がザーザー降ってても上がりさえすればすかさず道路に出て来るんだよねぇ。

「そこまでして道路で遊びたいんかい」って感じ。

平日の道路遊びが衰退した理由を私なりに考えてみたんですが、道路族の男の子たちが高学年になって保護者の付き添いなしで自転車に乗れるようになった事が大きいのかな?と思ったりもします。

1人で自転車に乗れると行動範囲が広くなりますよね。

実際にこの前、ボス宅の息子が友達数人と自転車に乗ってどこかに出かける姿を見かけました。

徒歩で男の子たちだけで遊びに行く姿も見かけました。

まだ下の世代(0~3歳)がたくさんいるから全然油断はできないけど、道路族の上の子たちはこれから少しずつ道路で騒ぐ事はなくなっていくのかなーなんて勝手に希望を持っています。

まあ夏休みになるとうるさくなるかもしれないけどね。。

ただ、我が家の近所の道路族の場合は夏休みだからといって日中からギャーギャー騒いだりする事は少ないです。

真夏の炎天下の中、アスファルトの道路で遊ぶのはさすがに疲れるのか(?)日中は道路に出て来る事がほとんどないです。

(道路族に悩んでいる皆さんの近所はどんな感じなんでしょうか?)

逆に春や秋の方が日中から騒いでいる事があるので落ち着かないです。

その代わり夏は夕方になると「待ってました!」と言わんばかりに一斉に道路族たちが出て来るし、バーベキューや花火などイベント盛り沢山ですけどね~。。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク