人付き合いの点から考える家の土地選びの重要ポイント

「以前住んでいた場所(賃貸)で道路遊びに悩まされていたので、道路遊びがないような土地を探している」というネットの書き込みを見ました。

こうやって自分の家を建てる前から道路遊びの苦痛を経験した人や、道路遊びの存在をあらかじめ知っている人たちは賢く土地選びをしているんだなぁと思いました。

私も家を建てる前に新興住宅地の厄介さを知っていればこんなところに建てませんでした。

職場の同僚の男性の何人かが私より数年前に家を建てましたが、みんな分譲地ではなく空き土地を探して建てました。

「なんでみんな空き土地を探すんだろう?分譲地の方が綺麗なのに」

と、何も知らないお気楽な私はその時そう思っていました。

我が家の土地を見つけたのは私です。ネットで見つけました。

綺麗に区画され、広い道路。周りには田んぼや山がありのどかな風景が広がっていました。

「最高の場所を見つけた!」と思いました。

それと同時に、「なんでこんな良い場所の角地が売れていないんだろう?」と不思議に思いました。

みんな知っていたんですね、新興住宅地の角地は厄介だということを・・・。

我が家の土地を購入し、後日職場の男性に購入した土地の場所を教えたんですが、

「あそこを選んだんですね・・・」

と意味深な顔で言われました。

今思えば、職場の男性は分かっていたのかもしれません。

新興住宅地、特に袋小路の角地は選ぶべきではないという事を。

スポンサーリンク

人付き合いが苦手なら新興住宅地に家を建てるのは絶対NG

人付き合いを積極的にする性格じゃない人や井戸端会議が嫌い、という人は新興住宅地の土地を選ぶのは絶対に避けた方が良いです。

新興住宅地にはどうしても同じ世代のママ・子供がたくさん集まります。

そして、同じ世代だからこそ比べたり、敵対視されたり・・・というのがあります。

おしゃべりが好きじゃなさそうなママは姿をほとんど見かけませんが、おしゃべり好きなママはしょっちゅう外に出ているのを見かけます。

周りがお年寄りや共働きの世帯ばかりであれば集団で井戸端会議をする事はほとんどないかもしれません。

ですが新興住宅地は若い専業主婦の割合が多く、子供の事など共通の話題が多いのか、午前中、昼間、夕方と時間に関係なく誰かしら出ています。

おしゃべり好きが集まると井戸端会議になります。

そして、同世代の母親が集まると誰か1人仕切り役が自然と出来上がります。

我が家も仕切り役というかリーダータイプのママ(ボスママ)がいますが、この人に睨まれてしまうとそのボスママの取り巻きメンバーにも無視されたり素っ気ない態度をとられます。

みんなで寄ってたかってという気がして、孤独感を感じてしまいます。

子供が同世代でなければダメージは少ないかもしれませんが、子供がいるといずれ子供が小学校に上がった時などに関わりが出てくるので、近所と険悪になると子供が大きくなるまでずっと息苦しい日々を送らないといけなくなるハメにもなりかねません。

幸い私の場合はボスママと子分ママの子供たちと私の子供たちの年齢が違うのでなんとかなりそうですが、「もし同じ学年だったら・・・」と思うとゾッとします。

新興住宅地の綺麗な環境に惑わされない

世の中色々な性格の人がいるので、新興住宅地以外の場所に家を建てたとしても「近所の人と気が合わない」という事は起こりうると思いますが、それが同世代だと子供を通しての繋がりもあるので余計しんどいです。

タチの悪いママの場合は陰口を言う事もあるでしょうし、最悪の場合は集団になって1人をハブにする、という事もありえます。

新興住宅地は近所付き合いが苦手、面倒だという人にとっては本当に窮屈な場所です。

溜めなくても良いストレスが溜まります。

家を建てる前はワクワクしていました。

「近所の人とも仲良くしながら暮らしていけたらいいな」

そんな希望を持っていました。

ですが現実はそんなに甘くありませんでした。

道路族が原因でこんなに孤独を感じる事になるとは思いもしませんでした。

人付き合いが苦手な人・煩わしいと思う人は、いくら周りの環境(大通りから離れている、景色が良い、道路が広いなど)が素晴らしい土地であっても新興住宅地は絶対に選ぶべきではありません。

土地選びは「周りの環境の素晴らしさ」ではなく、「どんな人(世代)が集まっている場所なのか」を一番重視して考えるべきだと思います。

道路遊びが心配なら夕方見に行ってみる

もし分譲地で気に入った土地があって「どうしてもここが良い」という場合は、道路遊びがあるのかどうかしばらく毎日夕方見に行ってみるというのも一つの手です。

ただ、冬場は道路遊びが治まるので夕方様子を見に行くのは春~夏の季節が良いです。

私の場合は土地を選んだのが秋頃で、ろくに下調べもしなかったので道路遊びがあるとなんとなく気づいたのは土地を購入した後でした。

そして入居したのは4月。道路遊びは春休み頃から活発になるので、まさに道路遊び真っ盛りの時に入居しました。

ですので道路遊びがあるかどうか調査する上で季節は重要です。

もう1つの重要ポイントは「周りに空き土地が残っているかどうか」です。

もし空き土地がかなり余っているようなら、これからその土地を買う人がもしかしたら道路族になる可能性があります。

道路族になるのに入居した順番は関係ありません。

家を建てるのが早かろうが遅かろうが、道路族になる人はなるしならない人はならないです。

私のように土地選びに大失敗して多額の借金(ローン)を抱えた事を後悔しないためにも、家の土地選びには事前のしっかりした下調べが欠かせません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク