主人の実家毎週訪問も今日で最後。

今日は毎週土曜日恒例の主人の実家訪問。

毎週土曜日の主人の実家訪問も今日で終わり。

5月1日から仕事復帰するので今後は主人の実家に行くのも月1~2回くらい(祝日とか、有休とった時とか)になる予定。

土日は私が仕事なので、5月から土曜日は主人と娘、息子の3人で実家に帰ってもらう事になります。

主人のお母さんは

「土曜日仕事が終わったらこっちに来て一緒に夜ご飯食べて帰ってもいいよ。1人分増えても変わらないから」

と言ってくれたけど、職場から主人の実家まで20分くらいかかるので正直面倒臭い・・・。(しかも家の帰り道と逆方向だから余計面倒臭い)

主人の実家からもっと近い場所に家を建てていれば仕事が終わって道路遊びが終わるまでのちょうど良い時間潰しになったんだけど。

結婚前、お義父さんから「実家を増築して一緒に住んでもいいんだから」と言われていたけれど私はそれを選択しなかった。

「義両親と同居する」という事に抵抗があったから。

でも主人の実家に行く度に「もしここに住んでいたら今のように道路遊びと井戸端会議に悩まされる事はなかったな」と思ってしまう自分もいる。

主人の実家は田園風景が広がっていて周りはほとんど中高年の人たちばかりで家も隣り合っておらず点在して建っているような場所なので。

でももし同居していれば道路遊び&井戸端会議以外の悩みがあったはず。

それでもやっぱり「ここ(主人の実家)に住んでいた方が良かったのかも」と去年までかなり本気で考えていた私は、やっぱり道路族に相当病んでいたんだろうと思う。

毎週土曜日の夜、主人の実家から家に帰って来る度に「ああ、ここにまた帰ってきた」と少し虚しさを感じる自分がいる。

入居して4年目、「ここでなんとか頑張っていこう」という気持ちをやっと持てたものの、やっぱり気持ちはまだまだ揺らいでしまう事もある。

去年のどん底の時期に比べて気持ちはもうかなり落ち着いたけれど、ここに家を建ててしまった後悔は消える事はないと思うから。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク