8年目で思う事色々

久しぶりにブログを開きました。

秋になって日が短くなってくると道路族の騒ぎも落ち着いてきますね。

束の間のひと時とはいえ皆さんもホッとしていらっしゃるんじゃないでしょうか。

(このブログも秋、冬になるにつれてアクセス数が減ってきます)

実はこの前小学校へ久しぶりに(2回目)道路遊びの事について電話しました。

隣のボス宅の娘とその友達3人(小学5年生)が道路でドッジボールをしていたんですが、我が家に何度も何度もボールが入っては無言で取りに入っていたので。(5年生にもなるとボールの威力もかなりあります)

すぐ後ろに公園があるんだから公園に行けよ!と思いながら久しぶりに道路族にイライラしました(=_=)

雰囲気を察した娘が「お母さんどうしたん?」と声をかけてきたので「う~ん、〇〇ちゃん(←ボス宅娘)たちが道路でボールで遊んでるねぇ」と言うと「私が玄関に座って見とこうか?」と言って玄関の前の階段に座り、ボール遊びしている女の子たちをじっと見張っていました(^^;)

しばらくして家に入ってきた娘が「何回もさくらの家にボールが入ってたよ。ここ(花壇がある所)にもボールが乗り上げたけど黙って登って入ってた」と言っていました。

その日の内に学校に電話したら男性教員の方が出られ、きちんと話を聞いてくださいました。

「家の敷地に無断で入っているんですね?」「道路で遊んでいるんですね?」と確認され、「子供の名前は分かりますか?教えて頂ければ子供に直接指導します」と言ってくださいました。

でも以前学校に名指しで言った事でボスママに嫌味を言われた事があるので(あなたが学校に言ったんでしょ?的な感じで)、名前は言いませんでした。

次の日、さっそく全校放送で先生が注意してくださったそうです。(娘から聞きました)

娘の通っている小学校は道路遊びについてかなりきちんと対応してくださるところで、去年も親への配信メールで「道路で遊んだり、よその家の敷地内に入ったりしないようにしましょう」とありました。

地域の方からの要望だったみたいで、私以外にも道路族に迷惑している人がいるんだなぁとなんだか嬉しくなりました。

ドッジボール遊びから1~2週間くらい経った時、娘がボス宅の娘とその友達を見かけたそうですが睨まれたそうです。

「さくらの家に向かって石を蹴って駐車場に入ったよ。さくら、〇〇ちゃん(←ボス宅の娘)の友達、なんか嫌い・・・」と言っていました。

まあ、見るからに生意気そうな顔をしている女の子たちなので大人の私から見ても嫌な感じです。

拍手コメントをくださったサボテンさん、アイアイさん、ありがとうございました。

初めての方からのコメントは長文で頂く事が多いのですが、皆さん道路族に対する切実な想いが文面からとても伝わってきます。それだけ言いたい事が溜まって、溢れてどうしようもなくなるんですよね・・・。私もそうでした。

道路族被害の何がつらいって、騒音や物への被害はもちろんですが、周りに理解してくれる人がいなかった事が私はつらかったです。

私の旦那は割と理解はしてくれていた方だとは思いますが、私のように毎日道路族に遭遇していたわけではないし(仕事の帰りが遅いので)、土日も実家に帰っていて道路族の騒ぎをほとんど知らなかった事もあり、私とは道路族に対する感じ方は随分違いました。

ボス旦那が近所中の子供を集めて道路で野球していたのをたまたま見かけた時は

「あれおかしいやろ、頭イッちゃってるわ」と言っていましたが、

「(私はこんな光景を毎日のように見てるんだよ;;)」と心の中で思っていました(=_=)

あと道路遊びだけじゃなくて、集団井戸端会議に対する何とも言えない嫌悪感というのは女特有なので、そういう所の苦しさもやはり旦那には理解しづらかったと思います。

(あ、でも以前に一度だけ、旦那が家に帰ってきた時に井戸端軍団にジーッと見られて「なんなんあれ、すごい嫌な感じなんやけど」って言ってた事はありました)

トラブル以降は近所中みんなから責められているような気持ちにもなったし(実際に責められたり無視されたし)、ますます萎縮して、怖くて、イライラして、人が信じられなくなって・・・あの頃の自分は本当に負のスパイラルにハマって抜け出せない状態でした。

「苦しい、苦しい」と思いながら毎日耐えてこの家で生活していました。

道路族は自分たちが家の前で騒がれても平気?

「よその家の前の道路で集団でこんなに大騒ぎして迷惑だって思わないの??」

「逆に自分たちが家の前で集団で騒がれたら迷惑だって思わないのかな?」

これ、入居当初に道路族に対してよく思っていました。

平気で毎日道路で大騒ぎする神経が理解できませんでした。

「迷惑だと思う私がおかしいの??」とさえ思い詰める程でした。

でもね、数年経って、ボス宅の子供らが大きくなって、いざ近所の子供たちがボス宅の家の前や横に集まって遊んでいるとボスママやボス旦那がその様子を見に頻繁に外に出てきていました。

そして、

「ここは自分たちの縄張りだ!」

とでもいわんばかりに自分の子供達を外に引っ張り出して自分たちの家の前で家族でバドミントンをしている姿を何度か見かけました。

ボス宅の息子は中学生です。

息子はバドミントンに加わる事はほとんどなく、親たちがバドミントンをしている中、かったるそうに玄関前にドカッと座ってスマホをいじっていました。

とても不自然で奇妙な光景でした。

ボス旦那は玄関前でストレッチしたり、上半身裸になってボスママからシャツを手渡され着替え始めたり、家の前で近所の子たちが遊んでいる中、夫婦でなんか訳の分からない事をして自分たちの存在をアピールしているようでした。

そんな様子を見ていて、「この人たちは自分が人に迷惑をかけるのは気にならないけれど、自分たちが人に迷惑かけられる事にはすごく敏感で許せない人たちなんだなぁ」というのがよく分かりました。(要するに超自己中)

誰だって自分ちの前で毎日毎日井戸端されたり奇声を上げながら遊ばれたりして嫌なはず。

そんな迷惑行為を自分たちは平気でやって、挙句の果てには逆切れして、こちらを悪者扱いして。

私は物を壊された事をきっかけに「道路族と上手くやっていこう」と頑張る事をやめました。

人に迷惑をかけ続けて、物を壊しても知らんぷりして謝罪すらせず、逆切れしてくるような人間と仲良くしたくないですからね( 一一)

ここに住み続けるのか引っ越すのか

この家に住み始めてもうすぐ丸8年になりますが、今でも引っ越したい気持ちは強いです。

でも一方で「この家に住み続けられるならずっと住みたい」という気持ちも正直あります。

家自体は好きだし、周りの環境(立地等)もとても気に入っているので。

近所の事さえ乗り越えられれば住み続けられるんですけどね、それがとても難しい・・・。

今まで生きてきて辛い事や嫌な事はそれなりにあったけれど、数年間に渡って毎日毎日苦しくて追い詰められるような気持ちを抱えたまま過ごしたのは初めての経験でした。

今でもたまに思います。「なんでここに家を建てたんだろう?なんの因果で・・・」って。

私の場合は道路族の事だけでなく、近所でもらい事故(小学校高学年の子供の自転車での飛び出し)に遭った事もずっと心の傷になっています。

完全に死角のあぜ道からの飛び出しでした。

その時の相手の親の態度が許せなくて(謝罪なし・こちらを一方的に悪者扱い)、未だに相手を憎んでいます。(相手のお子さんに怪我はありませんでした)

事故現場は家のすぐそば。嫌でも毎日事故の事を思い出します。

事故の相手も班は違うものの隣の区画に住んでいます。

毎日毎日、この数年間、気がおかしくなりそうなくらい相手を恨み続けました。

今年も気持ちがぶり返して正直かなり苦しかったです。

道路族の事、事故の事。

色々な事が積み重なって、心から笑えなくなりました。

子供と一緒に楽しく過ごしていても、自分は笑ってはいけない人間なんじゃないかと思って心から笑顔になれませんでした。

気持ちが沈んだり、イライラしたり、いきなり涙が溢れて止まらなくなったり・・・。

でも最近なぜか不思議と気持ちが軽くなってきて。

この数年間散々悩んで苦しんで、相手を憎んで恨んで、自分を追い詰めて叫んで、泣いて泣いて泣いて。

ある日ふっと、「もういいよ、よく頑張って耐えたね」って自分に言ってあげられるようになりました。(本当につい最近の事なんですが)

それと同時に、今まで自分はどれだけ自分を傷めつけてきたんだろうという事に気づきました。

相手を憎んだり恨んだりする事だって結局は自分を傷つける行為だから。

もうちょっと自分に優しくしてあげなきゃね。自分に優しく出来るのは自分だけだから。

また近所で何かあればまたあの頃のように精神的におかしくなりそうになるのかと思うと憂鬱になる事もありますが、先の事を心配してもしょうがないので、とりあえずこの家で頑張って生活して行こうと思っています。

子供達もこの家が好きだし、学校や保育園にも元気で楽しく通ってくれているのでそれが一番かな。

もうちょっと、この場所で頑張ってみます。

最近少しずつ自立してきている娘ですが、まだまだママっ子で「お母さんお母さん」言ってくれてガシっと抱き着いてくれるので(はぁ~・・めっちゃ可愛い・・・(はぁと)(←親バカ))って表情筋が緩みまくりです(笑)。

一緒に料理を作ったり、プールで泳いだり、ピアノを弾いたり。

仕事をしていてただでさえ一緒に過ごせる時間が限られるので、娘が「お母さんと一緒に(~)したい!」と言う事はなるべく叶えてやりたいなと思っています。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク