跡継ぎの孫(男の子)が欲しい義父の本音

私には娘と息子がいますが、

娘を妊娠中に義父(舅)の本音を聞いた事があります。

義父は長男なので、毎年盆と正月には

親戚を集めて飲み食いします。

私が娘を妊娠していた時に

お盆の親戚の集まりがあった時の事です。

義父が酒に酔った勢いで、

「男の子は2人くらい生んどいて、あとの性別はどっちでも良い!」

というような事を笑いながら言い出しました。

それを聞いた義母と親戚のおばさん(義父の姉)が

義父の発言を止めに入っていました。

おばさん「もう止めなさいよ!」

義母「そんな事言ったら〇〇ちゃん(私の名前)に二度と来てもらえなくなるよ」

義母「(私が妊娠している赤ちゃんは)お父さんの子供じゃないんだから。若い人には若い人の考えがあるの。」

義父の発言を聞いた時は「酔った勢いだし」と

あまり深く考えなかった私ですが、

自分の家に帰った後、思い出して

「文句があるならお前が産めよ」と

なんだかだんだんイライラしてきて

ダンナにグチってしまいました。

その後、数週間経ってダンナの実家に行った時、

義父に「あんな事言ってごめんな」

と言われました。

自分で悪いと思ったのか、

義母に「謝った方が良い」と

言われたのかは知りませんが。

それ以降、義父は私の子供の性別について

触れる事は一切なくなりました。

そして、その事があってから約8ケ月後、

生まれたのは見事に女の子(娘)でした(笑)。

それから4年が経ち、今度生まれたのは男の子(息子)でした。

ですが義父のテンションは

特に上がる事はありませんでした。

私のダンナが生まれた時、跡継ぎが生まれたという事で

「やった~!」と飛び上がるように

喜んでいた義父だそうですが、

私の息子の誕生には特に飛び上がって

喜ぶ事はありませんでした。

あの出来事に懲りたのか、

娘にも息子にも平等に接してくれています。

義父は人のすることなすことに

イチイチ口出しをしてきます。

でもその度にみんなにツッコまれる義父。

義父「(娘が離乳食を食べている時→)ごはんはゆっくり噛ませて食べさせないと!」

私「ムリムリ。そんなの気にしてたら子育てできない」

義父「(お義母さんが作ったおかずに対して)もう少し砂糖を多く入れないと!」

義母「自分で料理作った事もないくせによく言うわ」

義父(テレビを見ている主人にぺちゃくちゃ話しかける)

ダンナ「ちょっと後にして!!黙ってくれん?!」とマジギレ。

それでもめげずにおしゃべりしまくって

自論を展開する義父です。

うるさいけど、まあ慣れました。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク