近所付き合いを気にし過ぎず自分に正直に生きるという事

私はこのブログで何度か

近所付き合いは

「無理しない」

「自分に正直に生きる」

事が大事だと書いた事がありますが、

そう書いたのはもちろん

近所の道路族と色々あった

自分の経験から心底思った事です。

私は今まで道路族の大騒ぎをやめさせるために

自治会長に相談したり小学校に

言ったりしてきましたが、

その事を後悔はしていません。

我が家の物を壊され、

道路族たちから白い目で見られ

一時期は体調を崩しましたが、

今となってはボス旦那に直接言いに

行ったことを後悔なんてしていません。

むしろ言いに行かずに我慢していたら

今頃もっと後悔していたと思います。

ただ、1つだけ今でも後悔している事があります。

それは道路族に自分の気持ちを正直に伝えられなかった事。

ボス宅が一応形だけ謝りに来た時も、

ボスママが言い訳しに来た時も、

最後まで自分がどう思っているのか、

どれだけ迷惑なのか、苦しんでいるのかを

ちゃんと伝える事ができませんでした。

怒っているのに、怒ってないフリをしてしまいました。

まあこっちの気持ちを伝えたからって

素直に理解してくれるような人たちじゃ

ないのは分かってるんですが、

それでもこっちの言いたい事を

無理矢理押し込んで我慢した事を

未だに後悔する時があります。

「近所とは上手くやって行かなきゃおしまいだ」

「子供に影響が出たら・・・・」

なんて不安な気持ちの方が勝ってしまい、

自分の思った事を伝える事が出来ませんでした。

自分に正直じゃなかったんですよね。

大騒ぎされても迷惑じゃないふりして、

相手に気を遣って、気にして、

自分の気持ちを押さえ込んで、無理して・・・。

ボスママが不機嫌な顔で言い訳しに来た時も

怒った態度は見せずに我慢してボスママに合わせて・・・。

向こうが自分勝手な言い訳をしてきたんだから、

自分も自分の言いたい事を

ぶつければよかったなと思っています。

何か不満な事があればこっちも遠慮せずに

毅然とした態度でいればいい。

こんなとてもシンプルな事に、

道路族トラブルが終わった後でようやく気付きました。

「近所から孤立したらどうしよう」

「子供に影響があったらどうしよう・・・」

そう思い過ぎて冷静さを失うと

上手く相手に自分の気持ちを伝える事も

できなくなってしまうんだなと思いました。

やんわりと対応した所で

どっちみち道路族は嫌な態度とってくるんです。

だったら最初からこっちも強気で言った方が

良かったと私は心底思いました。

でもこういう事って、何か事(こと)が起こって

自ら身を持って体験しないと

なかなか気づかないんですよね・・・。

普段は我慢をしていても、いざという時は

近所付き合いが、とか、子供が、とか余計な事は考えずに、

自分の気持ちを相手に伝えるー。

それって自分にとってすごく大事な事だと思います。

私は今までこのブログで何度か道路遊びを解決するためにとった方法を紹介してきました。

道路遊びを解決するためにとった方法まとめ

道路遊びは本当に解決しないのか?

でも、道路族に苦しんでいる人に

「自治会に相談した方がいいですよ」

とか

「小学校に言った方がいいですよ」

とか積極的に言う事はありませんでした。

みんな住んでいる場所が違うし、道路族の悪質度も違うし、

1人1人状況が違うから、無責任に

「行動した方がいいですよ」

って言いにくかったからです。

でもどうしても苦しくて耐えられなかったら

どこかに相談したり通報したりしてもいいと思うんです。

実際、私以外にも

自治会に相談したり、小学校に言ったり、

警察に通報したりしている方はいらっしゃいます。

だってどこかに訴えずにはいられない程の迷惑行為だからー。

日常生活に支障が出るのなら、

自分の心が壊れてしまいそうなら、

思いきってどこかへ言った方がいいと思うんです。

それでも効果ないなら、

直接言いに行くのだっていいと思うんです。

その結果、私みたいに道路族から

白い目で見られたり

無視されたりされるかもしれないけれど、

道路族ににらまれたからと言って

別に危害を加えられる訳ではないし、

そもそも迷惑行為を繰り返す方がおかしいんだから。

そういうおかしな態度をとってくる人って

大体普段から言動がおかしいんでね、

そんな変な人に睨まれたり無視されたって

落ち込む必要なんてぜ〜んぜんない。

「そうはいっても、近所だし、トラブルを起こすと自治会の行事なんかで顔を合わせるのが苦痛・・・」

って思う人もいると思います。

ただ、私の場合は道路族トラブルから

数か月後に自治会の役員で

道路族ママたちほぼ全員と長時間狭い室内で

顔を合わせなければいけない機会が

2度ありましたが、無事に乗り切れました。

あの時は苦痛でたまりませんでしたが、

終わってみれば別に近所の一部と仲が悪くても

なんとかなるもんだなと逆に自信にもなりました。

それに道路遊びが落ち着けば

近所の嫌な人もある程度は

「どうでもいい人」になっていきます。

相手に対する不安や怒りの気持ちも

少しずつですが薄れていきます。

近所でどんなに辛い事があっても

時間が解決してくれることもあるんだなと

実感しています。

どうするのが正解だったのかなんて

未だに分かんないけど、

自分のとった行動を後悔せずに、

そして何か問題が起これば

その時になんとかしていけばいいんだ、

と今は思っています。

そうやって気持ちを強く持つ事が大事だなと思うようになりました。

だから、今度もし道路族と何かあった時は

自分に正直な行動をとろう、

正直な気持ちを言おうって思っています。

みなさんも、自分がこうしたいと思った事は

思い切って行動に移したり、

もし道路族と何かあった時には

自分の正直な気持ちを伝えたり、

必要以上に自分を押し込んだりせず、

自分に正直でいてほしいなと思います。

私みたいに後で後悔しないようにー。


スポンサーリンク
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. yuzuko より:

    【河谷さんの拍手コメントへのお返事】

    >いつも励みになるブログをありがとうございます! 私もゆず子様と同様の被害にあってきました。
    >こちらは越してきて4年目に入り、主だった道路族の成長とともに大分静かになりました。

    こんにちわ!いつもブログ読んで下さってありがとうございます。

    4年目くらいで道路族が静かになったっていうのはうちと似てますね。

    道路族の中でも特に中心的なママの子供たちが大きくなってくるとちょっと落ち着いてきますよね。

    >しかし、我慢しかねて警察に通報したことなどからか、(もちろん匿名でですが、普段の、徹底して関与しないという態度などからわかるのでしょうね)あからさまに避けられるようになり、挨拶もできない関係のみが残りました。非常に後味が悪いです。

    誰が苦情を言ったかってなんとなくバレますよね。

    道路族メンバー以外の近所の人で、道路族に迷惑している家って言ったら限られるわけだし・・・。

    でもそれだけの迷惑行為をしてるんだから別にバレたって「あんたらが悪いんだから」って感じですけどね。どこかに訴えなきゃこっちは実害に遭って泣き寝入りするだけなわけだし。

    道路遊びが落ち着いてもわだかまりは残ってしまいますよね。

    私も居心地が悪いと感じる事はあるけど、近所なんてそんなもんだと思って諦めて生活していくしかないなと思ってます(一一”)

    それに長い目で20年、30年って経てば引っ越す人もポツポツと出て来るだろうし(うちの実家がある分譲地も30年以上経ってるけど、転売で結構所有者変わってます)、出来れば道路族がなるべく引っ越すように祈って、数十年後にはお互い快適に暮らせているといいですね(^^)

  2. りんご より:

    以前からブログを見せて頂いていました。コメントするのは初めてです。
    同じ悩みを持つ者として共感することが多く、苦しいのは自分だけではないと勇気づけられます。

    >「近所から孤立したらどうしよう」
    >「子供に影響があったらどうしよう・・・」
    まさにこんな心境で、なかなかゆず子さんのように達観出来ないでいます。
    ゆず子さんのお住いの地域には登校班がないというのが羨ましいですね。
    20軒ほどの住宅地なのですが、道路族の兄弟のうち何人かは数年はうちの子と小学校の時期がかぶってしまいます。しかも同性が多くそれも割り切って考えられない悩みの種になっています。
    再来年にうちの子が小学校に上がるので今から憂鬱で仕方ないです。

    ゆず子さんはご主人も道路族に対する嫌悪感に共感して夫婦でそういう話をしてガス抜き出来るのが羨ましいです。
    うちは私が道路族の愚痴を言っても主人は絶対に共感してくれません。
    「子供が元気に遊んでるだけなのに心が狭い」「自分も小さい時は道路で遊んでいた」と、道路族側擁護のような事を言われたこともあります。
    主人が道路族の大騒ぎを目の当たりにするのは土日だけで、平日の夕方は仕事でいないので私よりは道路族と出くわす機会が少ないので毎日毎日家の真ん前でボール遊び(うちの敷地に何度も入って来てます)や奇声や絶叫の大騒ぎされる本当の苦痛を分かっていないんですよね。どこか他人事なんだと思います。

    元々、私は今住んでいるようなコの字型分譲地は人づきあいが大変そうだと思っていたので反対していたのを主人がゴリ押しで決めてしまいました。
    後に分かった事ですが主人を実家の近くに置いておきたい義父も実家に近いここに家を建てるように主人に言っていたようです。
    そういう経緯があるので家を建てた場所の環境への愚痴は自分が責められているように感じるんだと思います。
    でも私は本当に今の環境が嫌で、つらい気持ちを共感してもらえない事からも主人への気持ちが冷めてきて、こんな事になるなら主人との結婚を止めておけば良かったとか離婚してでもこの環境から離れたいとまで最近は思ってしまっています。

    ゆず子さんのご近所のようにだんだんおさまっていってくれたらいいのですがまだ近所には未就園児も何人かいますし、今後また兄弟が増える家庭もあると思います。ネットを見ていると中学高校になっても道路遊びを止めない輩も結構いるようで考えるだけでぞっとします。
    自宅で寛げないって本当にしんどいですね。今日もそろそろ始まりそうで気が重いです。
    長文の吐き出し失礼致しました。今後もブログの更新をお待ちしています。

    • yuzuko より:

      【りんごさんのコメントへのお返事】

      りんごさんこんにちわ!お返事が遅くなってすみません;;

      >まさにこんな心境で、なかなかゆず子さんのように達観出来ないでいます。

      私も道路遊びが落ち着いていなければ、トラブルがなければ、今でもずっと悩んでいたと思います。

      それに道路遊びが落ち着いた今でもこの場所が落ち着かないのは変わらないし、なかなか100%割り切れないですけどね。

      >ゆず子さんのお住いの地域には登校班がないというのが羨ましいですね。
      20軒ほどの住宅地なのですが、道路族の兄弟のうち何人かは数年はうちの子と小学校の時期がかぶってしまいます。しかも同性が多くそれも割り切って考えられない悩みの種になっています。

      同学年の、しかも同性の子供が多いと気苦労が多いですよね。

      私は道路族の子供たちと娘がほとんど学年がかぶっていなくて同級生は1人くらいしかいないので、その分精神的負担は軽いのかもしれません。(下の息子は近所に同学年が結構いるけど)

      まあ、それでも来年の小学校入学の事を考えると少し憂鬱になる時もありますけどね。

      集団登校がなくても、もし同学年だったら朝道路族の親たちと顔を合わせなければいけないので・・・。(小学校1年生の頃は親が毎日途中まで一緒に登校しています。もちろん道路族たちはみんな示し合わせて集団で登校しています。道路族だけの集団登校みたいな(苦笑))

      >ゆず子さんはご主人も道路族に対する嫌悪感に共感して夫婦でそういう話をしてガス抜き出来るのが羨ましいです。

      うちも最初はなかなかダンナに理解してもらえなかったです。
      でもトラブル後の道路族の態度を見てダンナも「あれはおかしい」ってなっていった感じです。

      こんな場所に住んでいなければする必要もない言い合いのケンカも何度もしました。

      >うちは私が道路族の愚痴を言っても主人は絶対に共感してくれません。
      「子供が元気に遊んでるだけなのに心が狭い」「自分も小さい時は道路で遊んでいた」と、道路族側擁護のような事を言われたこともあります。

      家族が味方してくれないと精神的に追い詰められて辛いですよね・・・。

      私も最初の頃は誰にも理解されない気がしてすごく孤独でした。

      「自分も小さい時は道路で遊んでた」って、そりゃ家の前の道路で縄跳びしたりホッピングしたり、鬼ごっこしたりとかだったら「元気だな」くらいに微笑ましく思えるけど、10~20人の集団がある1軒の家の前の道路に固まって大騒ぎされたらすさまじいですからね。あんなの迷惑行為以外の何物でもありませんよ。

      子供の奇声も大勢になるとすさまじいですよね。精神的に参ります、あの集団の叫び声って・・・。それが自分ちの家の前で毎日ですもんね。

      >元々、私は今住んでいるようなコの字型分譲地は人づきあいが大変そうだと思っていたので反対していたのを主人がゴリ押しで決めてしまいました。

      >ゆず子さんのご近所のようにだんだんおさまっていってくれたらいいのですがまだ近所には未就園児も何人かいますし、今後また兄弟が増える家庭もあると思います。

      そうですね、未就学児と、今から生まれてくる道路族の子たちが不安の種ですよね。

      小学校高学年になってくると道路でギャーギャーというのはだいぶ治まってくると思うんですけどね。

      まあ、そのかわり近所の小学校高学年ボーイたちは今度は小学校の友達と道路に座り込んでおしゃべりしてますけど・・・。

      りんごさんのおっしゃるように、ネットでは中高生でも道路遊びしているっていうお宅もあるみたいですね・・・。

      >自宅で寛げないって本当にしんどいですね。

      そうなんですよね、ホッとする我が家のはずなのに毎日気を張って過ごさないといけないって悲しくて苦しいですよね。

      なかなか更新しないブログですが、またグチ吐きしに来て下さいね。

  3. yuzuko より:

    【すずめさんの拍手コメントへのお返事】

    >とても共感しました。道路族は、族というくらいの多数派の場合が多いので、同調圧力に負けて自分が困っていることを相手に伝えられないとこちらが精神的に参ってしまいます。

    ほんとそうですよね。あの見えない圧力に逆らったらいけないような雰囲気がなんとも憂鬱になりますよね。多勢に無勢。どうしようもないです。

    >迷惑行為に寛容になる必要もないし、行動を改めない輩と付き合う必要もないです。

    そうですよね、無理して寛容になる必要なんて本当にないと思います。自分の家なのに無理するのってしんどいし、そんなの結局続かないですよね。

  4. yuzuko より:

    【りこさんの拍手コメントへのお返事】

    >うちも新興住宅地の角地、かつ道路遊びコア層の若年夫婦ばかりが住む通りを外れているため、道路遊びの被害は騒音ぐらいです。

    >ただ、子どもは同い年の近所の子から完全に浮いているので、それを思うと涙が出そうですが… 自分の場合、気が強く意地悪な近所ママから距離を置くため、結果的に道路遊びには加わらなかったのですが、ふと自問してみました。
    親子共々、なかよくしてほしいな、と思う一家が道路遊びをしていたら、私も加わっただろうかと。 答えはやはり、「加わらない。というかそんなガサツで自己中心的な人と気が合うわけない。」でした。

    私思うんですが、毎日道路でたまって騒ぐ人ってやっぱクセのある人が多いなと思います。
    なんかいじめっ子体質というか、人に嫌な思いさせて平気だし、むしろそれを楽しんでいる感が性格悪いなぁと。

    そうじゃなさそうな人もいるけど、いざトラブルを経験してみると、そんな人たちでも「人の家の前の道路でサッカー・野球をする事」が悪いと思っていないのがすごく伝わって来てショックでした。

    物を壊した事は謝ってきたけど、道路でボールで遊んでいた事に関しては一言も謝罪がなかったので。

    なので、やっぱり根本的に価値観が合わない連中だと思っています。

    まあ考えてみたら、そんな性格の人じゃないとあんなに毎日無神経に図太く大騒ぎできないですよね。

    >これからも、新興住宅地や道路遊びは無くならないと思います。 弱者の気持ちが分からない人達は永遠に分からないでしょう。
    >だけど、それを自分の身の回りに限定すれば、10年スパンで目処はつくんだと思います。
    >その時まで、なんとか自分の家族を笑顔にしながら、だましだまし心の健康を保ち走り抜けようと思います。

    そうですね、それが一番良いと思います。
    できるだけ道路族との接触を避け、心の安定を保って、家族と笑顔で過ごす。
    私も道路族に悩んでいる時はそうやって思おうと努力し続けていました。

  5. yuzuko より:

    【こすぎさんの拍手コメントへのお返事】

    >私は20邸程の新興住宅地に住む、未就園児の子供がいます。 袋小路に住んでおりまして、私の住む区画には道路族が3家族います。毎日バドしたり、サッカーしたりうるさく迷惑です。

    >夏はビニールプール… ほとんどが専業主婦ばかりで、私は正社員で働いているのでほとんどの方と関わりがございません。 我が家の隣の道路族ママには挨拶してもシカト…でも時に向こうから挨拶して来たり…帰宅の度に覗かれたりととても嫌な思いをしてます。

    道路族は話に夢中ですからね、挨拶しても無視されたり素っ気ないのが当たり前って感じですよね。

    帰宅のたびに見られるの、すごく嫌ですよね、分かります。私もそうでしたから。

    >我が子は道路で遊ばせたことは一度もありません。 しかしながら、その道路族は敷地に侵入したり、車にボールが当たったりと当たり前です。

    もうその時点で価値観が違うんですよね、そういう人には最初から近づかないのが一番です。間違っても「仲良くしなきゃ」なんて思ってこっちから近づいても疲れるだけだし、いつかトラブルの元になりかねないです。

    >親が井戸端会議で外にいても、子供のことは見ておらず、誰も注意をしておりません。

    同じです。道路族の親って子供を注意しないんですよ、ホントに。道路で騒ぐのが悪いと思ってないし、自分たちが楽しくおしゃべりできればそれでいいと思ってるんでしょうね。

    >本当にうるさく、 そして、道路族のお母さんたちに会うのも嫌な日々。道路族の子供も挨拶しても無視なのでもぅ挨拶しなくなりました。

    道路族ママと会うと憂鬱ですよね、私も今でも道路族ママに会うのは嫌です。

    >しかし、自分の子供がいるのにそんな態度でいいのかなぁ?とも思うこともあります。道路族の親たちは挨拶すれば返す人もいます。

    もちろん挨拶してくれる人も中にはいますけどね、でも大体が素っ気なかったり無視したりじゃないですか?

    挨拶してくれる人と挨拶だけしとけばそれでいいと私は思いますけどね。

    私も「近所と仲良くなった方がいいんだろうか」ってあれだけ悩んでいたけど、小学校になったら多分近所以外の付き合いが出て来るだろうし、近所に囚われなくてもいいのかな、と今では思います。

    現に子供が小学校になった道路族たちは、今では近所ではなく、別の所に住むママ友を呼んでママ会とかしているみたいです。(月に1~2回、ママ友らしき車がズラーっと並んでいて、知らない子供たちが外で遊んでいます)

    そう考えると、「近所でママ友」「近所で子供の友達作り」に悩むのってほんの数年の事なのかなと思ったり。

    >精神的に頭がおかしくなりそうです… 長くは続くとは思いませんが、この苦痛いつになれば解放されるのだろうと日々思います。

    ずっとは続かないと思うんですけどね、でも苦しんでいる時は永遠に続くような気がして辛いですよね。

    多分道路族メンバーの子供たちの大半が小学校に上がるとだいぶ落ち着くんじゃないかと個人的には思います。

    中学生になっても道路遊びする子供もいるみたいですが、少なくとも大集団が大騒ぎしたり、母親たちが集団で井戸端会議するのは経験者の話から数年で治まるというケースが多いようです。(うちもそうだったし)

    道路遊びより集団井戸端会議の方が先に落ち着いてくるかもしれないですね。